下肢静脈瘤は足がむくむ病気です|早めの治療で問題を解決しよう

早期発見が大事

男女

悪性リンパ腫は血液中のリンパ球が増え、リンパ節や臓器に腫瘍やしこりをもたらす病気になります。症状としましては各部位の腫れといったものがありますが、気づきにくいのが特徴です。見逃していけない症状が「発熱」「多汗」といった症状。こうなった場合は即座に病院で検査を受けましょう。

もっと見る

手術後は前向きになれる

病室

生死にかかわる訳ではない

下肢静脈瘤は、むくみや痛みが伴う場合があります。しかし、下肢静脈瘤がもとで、死に至るといったことはありません。下肢静脈瘤は、静脈内部にある弁の機能が弱まることにより、血液の流れが滞り瘤ができる症状です。必然的に、血液の循環は悪くなります。そのため、瘤の周辺は栄養が行き渡らなくなります。また、皮膚は薄く弱くなります。細菌に感染しやすくなったり、傷が治りにくくなったりします。感染症を引き起こすことさえあります。瘤状に膨らまない下肢静脈瘤もあります。ふくらはぎなどに、網目状やクモの巣状に血管が浮き出て見える状態です。こちらは、痛みなどがない場合が多いようでうす。痛みがあってもなくても、そのまま放置すると徐々に悪化していきます。また、見た目を気にしてスカートをはけなくなったり、温泉やプールに行けなくなったと言う人も多いようです。

保険適用される手術

命にかかわる病気ではありませんが、下肢静脈瘤は早めに治療することが大切です。下肢静脈瘤の治療法はいくつかありますが、ほとんどの場合、日帰り手術で治ります。大阪には下肢静脈瘤の手術を得意とする医師が多数います。手術では、弱ってしまった静脈を、硬化させるか、抜き取るか、焼ききってしまいます。レーザーや高周波で焼ききってしまう方法は、傷口も小さくて済み、痛みを感じることもほとんどないようで、大阪でも多くの方が行っている手術方法です。大阪で下肢静脈瘤治療をする病院では、それぞれ得意とする手術方法があります。ホームページなどで確認するといいでしょう。高齢の方も手術をし、その後外出に積極的になったという方が多いようです。見た目を気にせずに済むことで、前向きになれるようです。大阪の病院では、手術に保険適用できるものを採用するところが多数です。

樹状細胞によるがんの治療

看護師

樹状細胞はリンパ組織にあって、がんの抗原を捕らえて情報をリンパ球にわたす細胞の一つです。この細胞を用いる樹状細胞療法によって、従来の治療法では効果がなかった大腸がんや肺がんなどの進行がんが小さくなって延命効果が得られたという報告があります。

もっと見る

帯状の発疹はすぐ病院へ

笑顔の看護師

過去に水ぼうそうにかかったことのある人は、体内にそのときのウイルスをずっと持っています。これは水痘・帯状疱疹ウイルスというウイルスで、免疫力が低下したときに帯状疱疹となって現れます。もし体のどちらかの側に帯のような形状の発疹が出たら、すぐ世田谷区の内科で診てもらいましょう。

もっと見る