下肢静脈瘤は足がむくむ病気です|早めの治療で問題を解決しよう

帯状の発疹はすぐ病院へ

笑顔の看護師

潜伏するウイルス

体の右半分か左半分のどちらかに帯のような形をした赤い発疹ができたときは、帯状疱疹を疑う必要があります。帯状疱疹にかかった場合は一刻も早く治療を受けることが重要なので、すぐに世田谷区の内科で診てもらいましょう。小さい頃に水ぼうそうにかかったことのある人の体内には、大人になってもずっとそのウイルスが潜伏しています。このウイルスは水痘・帯状疱疹ウイルスという種類のウイルスです。水痘・帯状疱疹ウイルスは神経に沿って潜伏しているので、発疹が出たときは神経に沿った帯状の形になるのです。帯状疱疹についてあまりよく知らない人の場合、このポツポツは何だろうと考えても痛みが出るまで病院を受診しないことがあります。帯状の発疹が出たら迷わず世田谷区の内科を訪れることが肝心です。

神経痛などの後遺症

赤い発疹が帯状に現れた時点ですぐに世田谷区の内科を受診すれば、症状がそれほどひどくならないうちに治療して後遺症が残らないように治せる可能性が高くなります。しかし、たとえばその日が土曜日だったから週明けの月曜になったら内科へ行こうなどと考えていると、痛みがどんどんひどくなり症状が進行してしまうことが多いのです。帯状疱疹は抗ヘルペスウイルス薬で治療することができますが、世田谷区の内科を受診するのが遅れて症状が悪化していた場合は、治療が終わってからも痛みだけが残ってしまうことがあります。これは帯状疱疹後神経痛と呼ばれています。この場合も早期であれば神経ブロックなどの治療で改善が可能なので、早めに世田谷区の内科の医師に相談しましょう。