下肢静脈瘤は足がむくむ病気です|早めの治療で問題を解決しよう

樹状細胞によるがんの治療

看護師

樹状細胞とはどんな細胞か

樹状細胞はリンパ節・脾臓などのリンパ組織や皮膚・呼吸器・腸・生殖器などの組織にあって、木の枝のように突起を伸ばした形をしている細胞です。樹状細胞は細菌やウイルスを食べるマクロファージの仲間で、がんに対する免役の最初の段階でがん抗原を捕らえて情報をTリンパ球やBリンパ球にわたす抗原提示細胞の一つです。樹状細胞の特徴は一つだけの抗原に反応するリンパ球と違って、以前に出会ったことがない異物にも反応し一つの細胞が多くの抗原を認識します。このようにがん免疫の初期段階に重要な役割をもっている樹状細胞をがんの治療に用いる方法を樹状細胞療法といいます。この治療法での大事な課題は、ふだんは十分な数がない樹状細胞をいかに効率良く大量に増やすかです。

がん治療への応用

がんの患者さんは体内にがんを異物として認識している樹状細胞を持っていると考えられます。この細胞は自己の細胞ですから拒絶反応はおきません。がんに対する樹状細胞療法の試みは、従来の治療法が効果のない進行がんの患者さんに対しておこなわれています。患者さんの血液や骨髄から取り出した樹状細胞を含む細胞に対してがん抗原や増殖因子などによって刺戟して効率を高める処理をして患者さんにもどす樹状細胞療法では、がんに対する免疫に関与する様々な因子の働きが高まることがわかりました。そして樹状細胞療法によって、悪性リンパ腫・多発性骨髄腫・前立腺がん・結腸がん・直腸がんおよび非小細胞性肺がんや黒色腫などが小さくなって延命効果が得られたという報告が集まっています。