下肢静脈瘤は足がむくむ病気です|早めの治療で問題を解決しよう

早期発見が大事

男女

こんな症状が出たら危険

日本では年間10万人中20人程度の割合で発症する「悪性リンパ腫」。明確な原因は未だわかっていませんが、以下のような症状が出たらその病気と疑った方が良い、というものがあります。まず悪性リンパ腫はリンパ節が膨張します。しかし初期の段階では痛みもなくほとんどの人が気づけません。その後、各臓器でリンパ腫が発症し、それぞれに対して異常が引き起こされます。「発熱」「倦怠感」「体重減少」といった症状が長期にわたるのです。また睡眠時の寝汗が酷かったり、体全体に痒みを帯びるのもリンパ腫による影響になります。上記のような症状が見受けられるようでしたら、すぐに病院で検査を受けましょう。悪性リンパ腫は早い段階で手を打つことで広がりを防ぐことが出来ます。つまり早期発見が大事なのです。

日本人は胃が弱い

悪性リンパ腫はリンパ節が腫れた後、各臓器でリンパ腫が出来始めると言いましたが、日本人は欧米人に比べてリンパ腫が出来にくい体になっています。ですが、中でも『胃』や『大腸』といった臓器は弱く、しこりや腫瘍が出来やすいです。一見良いようにも見えますが、例えば脳といった臓器と違って初期症状が判断しにくくなっているのが特徴です。脳にリンパ腫が出来れば手足のしびれが出て分かりやすいのですが、胃に出来た場合はちょっと食欲不振に陥ったりと軽度に見られる症状が現れます。なのでこういった胃に関する悪い症状は軽視せず、しっかりと検査を受けることを推奨します。中でも「発熱」や「寝汗」が長く続いた場合は特に注意が必要です。体全体の症状は、危険信号になります。早期発見を心掛けましょう。